高い人気を誇る武蔵野音楽大学の魅力やキャンパスライフ

武蔵野音楽大学には素晴らしい講師陣と設備が揃っている

音楽大学と音楽専門学校の違い

音楽大学

音楽大学は、技術的な勉強をすることもありますが、専門学校に比べると、より学問としての音楽を追求することを目的としています。そのため、この曲はどのような構成になっているのか、音楽の歴史はどういったものかということを学ぶことができます。

音楽専門学校

音楽専門学校は、学問としての音楽の授業よりも実技的な授業が多くあります。例えば、ギターコースを選んだ場合、ギターの知識を身につける授業もありますが、それよりもギターテクニックを体得したり、弾き方を向上させたりするための授業の方が多くあります。

音楽に携わる人気の仕事ランキング

no.1

プロ演奏家

音楽に携わる仕事で最も多くの人が憧れる職業が「プロの演奏家」です。ピアニストやバイオリニスト、ギタリストなど楽器を演奏してお金をもらうことのできる職業は音楽関係の仕事の花形といっても良いでしょう。しかし、プロの演奏家として活躍するためには人並みならぬ努力と圧倒的な実力が必要です。

no.2

歌手・ボーカリスト

プロ演奏家の次に人気の仕事が「歌手・ボーカリスト」です。ロックバンドやJPOPグループ、オペラ歌手など歌手として活動できる幅は広く、どこを目指すかによっても必要なスキルは変わります。こちらもプロの演奏家と同じく、プロとして活動していくには高い実力が求められます。しかし、一流の歌手になれば世界中の人を感動させることが可能です。

no.3

作詞家・作曲家

音楽に携わる人気の仕事ランキング第3位は、「作詞家・作曲家」です。曲に歌詞をつける仕事が作詞家で、その曲を作る仕事が作曲家です。両方の仕事をこなす人もいます。フリーランスで活動することもできれば、事務所に所属したり音楽会社と契約したりすることもできます。一流の作詞家や作曲家は考えきれないほどの報酬をもらうことができます。

no.4

楽器職人

4番目に人気の音楽に携わる仕事が「楽器職人」です。ピアノの調律師やバイオリン職人などが楽器職人にあたります。プロの演奏家が使う楽器を作る人もいれば、一般の方に向けた楽器を担当する人もいます。豊富な知識と高い技術力が必要とされますが、音楽業界には必要不可欠な存在です。

no.5

音楽教室講師

音楽教室講師も多くの人が憧れている職業の1つです。ピアノの先生やギターの先生などがいます。大きなスクールで雇われるタイプもありますが、自分でスクールを開くこともできます。他の職業に比べると、就職できるチャンスが多いのが魅力です。人とコミュニケーションをとったり、教えたりすることが好きな人に向いています。

高い人気を誇る武蔵野音楽大学の魅力やキャンパスライフ

楽器

武蔵野音楽大学とは

音楽を学べる学校はいくつかありますが、その中で武蔵野音楽大学は、東京都の練馬区にある私立の音楽大学になります。福井直秋という人によって、1949年に設立されました。日本にいくつもある音楽大学の中でも特に高い人気を誇っています。また、日本や世界でも活躍する楽器演奏家や作曲家などを数多く輩出している学校として知られているのです。

武蔵野音楽大学の設備

武蔵野音楽大学には、大きなコンサートホールや蔵書数の多い図書館、楽器博物館、リハーサルホールなどいくつもの設備があります。音楽に携わる仕事を目指す学生にとって最適な環境が整っています。

武蔵野音楽大学の授業と講師陣

設備だけではなく、素晴らしい講師陣と質の高い授業内容も武蔵野音楽大学の魅力です。レベルの高い講師陣が教える質の高い授業を受けることによって、音楽の知識と技術をしっかりと身につけることができます。大学で優秀な成績をおさめると、選抜生徒に選ばれ特別な演奏会に参加することができたり、奨学金をもらったりすることもできます。

武蔵野音楽大学のキャンパスライフ

武蔵野音楽大学では、一年の間に様々なイベントが開催されます。新入生が入ってくる4月には新入生歓迎行事や公開クラブ活動などが行われ、夏にはコンサートや演奏会が行われます。後期になると選抜生徒によるコンサートやフェスティバルなどもあります。演奏会やコンサートは定期的に行われるので、常にモチベーションを高めることが可能です。

広告募集中